Pホームズ 安心・安全・快適 パートナー不動産設計のこだわり住宅ブランドです。

HOME > Pホームズ


お客様のあらゆるニーズにお答えする「スーパーフリー設計」により、お客様の理想とするライフスタイルを実現するためのブランド。それがPホームズです。

ロゴ(エンブレム)について

About Emblem

平成20年秋、Pホームズのスピリットを形にしました。
秩父市太田「PAGE ONE」の鍛鉄工芸家西田光男氏に製作を依頼しました。どんなタイプの家にも似合うよう、シンプルで品のあるエンブレムに仕上がりました。門周りや玄関、屋根にPホームズのエンブレムを見つけたら、それがPホームズの家です。エンブレムがさりげなく主張しているでしょう?


推奨プラン

センターリビングの家 家族のふれあいを大切にした家づくりをご提案します

Center Living House


A[動線]
住まいの中心にリビングを設け普段の暮らしの中で自然と家族のコミュニケーションが多くなります。
B[キッチン横プラスワン]
センターリビングならではの、台所+ワン(ユーティリティー・土間のある収納)、奥様のパソコンコーナーやアイロンがけスペースにもお使いいただけます。
C[充実洗面]
洗面台は充実したいという奥様の要望が多い。3帖の広いスペースを取り収納力アップでとてもうれしい!
D[化粧室として]
トイレを幅広にし、化粧室としました。手洗いや収納カウンターで収納充実。壁面に専用鏡を取り付ければ、オシャレなトイレ空間となります。
E[外部収納]
外部スペースデッキからの収納。おそうじ道具やガーデニング用具やお花の肥料もしまう事が出来ます。
F[夢空間ロフト]
子供たちの好きな秘密基地。勾配天井で大空間を設けました。
G[衣装部屋]
プライベートルームに3帖のうれしい大収納ウォーキングクローゼット。ご夫婦の衣装が思い切り収納出来ます。


Pホームズの建物

Our Service

Pナチュラル

#
カントリー調や洋風をイメージした「Pナチュラル」。ここで暮らすご家族は幸せにつつまれています。

Pナチュラル(ソフトなイメージ)詳細


Pナチュラルに住まうご家族が感じる開放的な間取りは、家族それぞれが家の中のどこにいても一体となって感じることができます。詳しい情報は、Pナチュラルのページで、ご確認いただけます。


Pアーバン

#
都会的な雰囲気の中に、人の暖かさや安らぎを調和させた住まい。それがPアーバン。

Pアーバン(都会的)詳細


アーバン(urban)は、英語で「都会的な」、「都市的な」という意味。スクエアな外観とメタリックな質感。詳しい情報は、Pアーバンのページで、ご確認いただけます。


Pジャパン

#
日本人が愛してやまない、木の質感。Pホームズでは、木のぬくもりを大切にします。

Pジャパン


Pジャパンの和風建築は自然の素材を生かし視覚・触感に優しく、住む人に和やかな感覚を与えます。詳しい情報は、Pジャパンのページで、ご確認いただけます。


Pリフォーム

#
さあ、はじめよう!!地球環境と家計に優しいエコロジー。Pホームズがそのお手伝いいたします。

Pリフォーム詳細


太陽光発電システムの設置費用が年々軽減され、更に国の補助金制度がいよいよスタート。詳しい情報は、Pリフォームのページで、ご確認いただけます。


Pホームズの2つの特徴

Feature

特徴その1.

木造軸組パネル工法

木造軸組パネル工法を採用することで、ジャンボジェット機と同じモノコック構造。パネルという面の6面体の組み合わせで家を作り、面から構成しているため抜群の強さを発揮します。つまり、地震や台風などの外圧を面全体で受け止めるため荷重が効率的に面全体に分散され、強くて硬い家となるわけです。さらに気密性や断熱性に優れ、合理性に富むことから面構成が優れた特徴が生かされます。また、設計面でも優れた特徴を持っていて、構造計算で安全性が確認されれば自由度の高い家が実現でき、柱のない大空間を作ることもできます。

木造軸組工法

柱と梁で骨格を組み、屋根をふく工法。日本古来の木組みを生かした工法で在来工法とも呼ばれています。柱と梁の接合には、木組みと呼ばれる細工のほか、金物やボルトを併用して強度を高める方法もあります。地震や風圧など横からの力に耐えられるよう、壁に筋違いをたすきがけに入れて補強する。切る、つなぐ、削るといった加工性に優れているため、自由な設計が出来るのが魅力。【工期は一般的に90〜150日。】

#

特徴:
■設計の自由度が高い
■増改築がしやすい
■用途地域によって立てられない場合がある


特徴その2.

2×4工法(ツーバイフォー)・木質パネル工法

北米生まれの工法で、「木造軸組工法」が柱という点で支えるのに対し、こちらは壁という面で支えます。断面が2×4インチの木材を多用して構造体を作り、そこに合板をパネルのようにして打ちつけていくので、地震や風圧など横からの力に対して強さを発揮します。部材のサイズが統一されていて経済性も高く、工期も一般的に80〜120日と短めです。同じ壁式工法で、あらかじめ工場でパネルを生産し、現場で組み立てるものに「木質パネル工法」といわれるものもあり、こちらも面で支える構造体のため強度が強いのが特徴です。

#

特徴:
■機密性に優れており断熱性が高い
■地震、風圧など横からの力に強い
■木造軸組工法に比べると増改築の自由度が低い

# #

ページの先頭へ戻る